読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆スポンサーリンク◆

クレカ解約と金銭感覚の話

先日解約したクレジットカード。
なんと音声案内のみで解約できたのです!
驚きました(๑òΣó๑)

f:id:toyotto8:20160211001408p:image

約10年前にジュエリー販売の仕事をしていたときにつくったカードです。

思い返せばわたしのお金の感覚がズレたのはこの仕事を始めてからでした。



貴金属やアクセサリーでさえも全く興味のなかったわたし。
入社当時は5万円のダイヤのネックレスでさえ「高っ!贅沢品!!買う人いるの?!」なんて思っていたのですが、知識を覚えるごとに魅了されていったのです。
展示会にお得意様をお連れし見ることができた3億のダイヤは感動モノでした(*☌ᴗ☌)。*゚



なぜお金の感覚がズレたのか

ズバリ、お客様への販売説明を自分に重ねるからです。
例えば30万円の商品。
ざっくり計算すると分割ローン月々9,000円で約3年の支払い。
月々9,000円を日割りにしてお伝えするのです。
1日300円です。
そう、1日300円。
ほら、節約して買えちゃいそうな気がしてきませんか??
「コンビニで買うペットボトル2本分!明日から我慢しちゃいましょう♡」とか言って。
極め付けは「皆さん一括払いでは買いませんよ〜、わたしも分割です♡」と。



感覚がズレるとどうなるか

100万、200万、それ以上の金額でも商品が高く感じなくなります(・・)
ローンの計算が早くなり瞬時に毎月いくら払えば手に入る…という考えになってしまうのです。



感覚が戻るまでの期間

すごく時間がかかりました。
その仕事自体は1年で辞めたのですが、身に染み付いて離れないのです。
その約4年後、産休に入り家計を主人のお給料でやっていかなければならないという状態になってやっと戻りました。



そんなこんなでお世話になったクレジットカードでしたが、解約の電話をすると音声に従ってカード番号、暗証番号、生年月日、を入力するだけで「今までご利用ありがとうございました。カードは念のためハサミで…」みたいなガイダンスが流れて終了。

まぁ引き止められたり、解約する理由を聞かれたりしなくて良かった〜!
かかった時間3分くらいかな?
最近はめっきり使っていなかったカードなのでもっと早く解約すれば良かった〜。

思い出と一緒にさようなら〜(*^^*)





POI